バイアグラジェネリックのゼネグラの効果

ゼネグラは、ED治療薬バイアグラのジェネリックで、インドのムンバイに本社を置く製薬メーカーのAlkemLaboratoriesLtd.が提供しています。
主成分シルデナフィルの作用により、cGMPを分解している加水分解酵素の5型Phosphodiesteraseの活性を阻害します。
これにより、陰茎周辺の一酸化窒素作動性神経に作用して血管を拡張し、血流量が増大することで勃起可能な状態になるという仕組みです。
なお、バイアグラの用途特許は2,014年の5月、主成分のシルデナフィルの特許は2,013年の5月に満了しており、現在では日本国内でもジェネリックの販売が合法となっています。
ただし、一錠当たりの値段は650円~1,000円程度で、1,500円程度が相場のバイアグラと比較してそれほどコスト面での優位性を発揮しているとは言えない状況です。

これに対して、ゼネグラの場合は8錠で1,500円未満で購入できるので、バイアグラの8分の1未満の負担しかかかりません。
これは、インド製ということが関係しており、お金をかけずにEDを何とかしたいという人には特にオススメです。
ちなみに、AlkemLaboratoriesLtd.以外にも複数のインドの製薬メーカーがバイアグラのジェネリックを提供しており、中にはかなり早い時期から販売されていたものもあります。
これは、インドでは、物質特許・用途特許・製剤特許・製法特許と4つある医薬品に関する特許の内で、2,005年までは製法特許と製剤特許の2種類しか認められていなかったためです。
このために、ジェネリックに関係している用途特許と物質特許に関しては完全にフリーだったので、新薬が販売を開始した直後にジェネリックを提供することが可能だったのです。
これは、バイアグラ以外ではAGA治療薬のfinasterideなどが代表的で、同じ効果を期待できる医薬品を低価格で購入できるということが最大の特徴です。

ゼネグラを安価で入手するには個人輸入を利用

ゼネグラは、添加物や製造方法はバイアグラと違う部分もありますが、主成分として配合しているのは同じシルデナフィルなので、適応症のEDに関しては同様の効果を期待できます。
そして、最大の特徴は値段が安いということで、バイアグラを購入するよりも経済的な負担をかなり減らすことが可能です。
なお、ゼネグラを購入する方法としては、提供元のAlkemLaboratoriesLtd.から直接注文するか、個人輸入代行業者を利用するかのいずれかとなります。
この内で、安価で購入できるのは後者の個人輸入代行業者で、1箱8錠入りが約1,500円、4箱まとめ買いすると約3,500円という驚きの低価格で提供しているケースがあります。

単純計算すると、1錠当たりの値段は約110円で、国内で取り扱われているバイアグラの相場の約14分の1という値段で購入できるということになります。
ちなみに、ゼネグラの効果は前述したようにシルデナフィルによる加水分解酵素の活性を阻害するというもので、体内から排出されると消失します。

つまり、サプリメントや健康食品のように効果を蓄積するような内容ではないので、パフォーマンスという点においては長期利用するメリットはありません。
一方、シルデナフィルの使用期限は製造してから4年以上と長期保存が可能であり、もしもの時の備えとしてまとめ買いしておく値打ちはあります。
つまり、個人輸入代行業者で販売されているセットメニューは、やはりお得ということです。
なお、個人輸入代行業者を選択する際には、実際に使用した人の感想が記されている口コミを参考にするのが適当です。
商品の効果と共に、手元に届いた時の梱包の内容など個人輸入代行業者のサービス面に関しての内容も記されているからです。