バイアグラを服用してたら薄毛になる?

年齢を重ねますと、若い頃とは違い精力も減退してしまいます。
そこで男性の元気と自信を回復するために、バイアグラを利用しようと考えている方も多いのではないでしょうか。
バイアグラのメリットとして、即効性がありますのでEDの治療薬として効果も高く医薬品として国内でも処方されています。
安心して服用ができるバイアグラですが、副作用として薄毛になってしまうということを知っていますか。
男性の元気と自信を回復してくれるバイアグラを利用することで副作用として薄毛になってしまう原因として、男性ホルモンの増加が関係しています。
バイアグラの効果は加齢によって減少してしまった男性ホルモンのテストステロンを活発にしてくれます。
このテストステロンは男性の精力回復に必要なホルモンですが過剰に分泌をしてしまいますと、副作用として薄毛になってしまう場合があります。
胸毛や体毛が濃い方は、薄毛になりやすいと聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
男性ホルモンのテストステロンが活発になりますと、胸毛や体毛が濃くなる反面、逆に薄毛になってしまう方もいます。

つまり、バイアグラを服用することによって男性ホルモンのテストステロンが活発になりますので副作用として薄毛になってしまうことはありえます。
バイアグラは男性ホルモンの分泌を増やすことによって、加齢によって減少しているテストステロンを増やすことによって精力を回復させてくれます。
副作用が原因で薄毛になってしまう場合もありますが、その他にもストレスや不規則な生活が関係しています。
バイアグラは医薬品として医師から処方される安全性の高い薬ですので、EDの治療薬としては効果が高いです。
容量をきちんと守って服用することによって男性の健康維持にも役立ちますので効果を実感するためにも毎日続けることが大切です。
副作用を気にして、途中でバイアグラの服用を止めてしまうのは逆効果ですので注意しましょう。

ED治療と薄毛治療の併用は可能?

バイアグラと薄毛には密接な関係がありますので、ED治療薬と薄毛の治療薬の併用を考えている方もいるかもしれません。薄毛の治療薬として効果が期待されているのはプロペシアです。
プロペシアは、男性ホルモンのテストステロンに作用をしますので薄毛改善に期待ができます。
プロペシアとバイアグラは併用しても問題はありませんが、どちらも強い薬になりますので事前に医師に相談をすることが大切です。
薬を服用する場合、肝臓に負担がかかってしまいますので肝機能障害がある方は服用をすることができません。
ED治療も薄毛の治療も健康になるための第一歩ですので、安全に服用できることをきちんと確かめてから治療を行いましょう。

また、同じ薄毛治療薬としてミノキシジルがあります。
プロペシアは男性ホルモンの働きを抑え髪の毛が生えかわるサイクルを正常にしてくれるのに対し、ミノキシジルは頭皮の血管を拡張することによって栄養成分を髪全体に行き渡らせてくれます。
バイアグラも同じく血管を拡張させることによって効果を発揮しますので、この二つの成分が重なってしまいますと低血圧の方は血圧が低くなり体調不良を起こしてしまう危険性があります。
薬の飲み合わせによっては体調を悪化させてしまう場合もありますので、服用している薬がある方は事前に医師に申告をして安心して併用することができる組み合わせを見つけましょう。
EDや薄毛の問題は、年齢を重ねますと誰もが悩む問題です。
同時に発症をしてしまうこともあります。
的確な治療をして早めに治すことが大切です。
バイアグラと薄毛治療薬は併用が可能ですので、年齢に負けない健康的な体作りのためにも毎日の生活習慣についても合わせて見直してみましょう。