バイアグラと頭痛症状の関係

ED治療薬の中でも日本で最も有名なバイアグラはEDに対して有効な効力を発揮しますが、頭痛や鼻づまり、動悸、肌の紅潮などの副作用を訴える例があります。
副作用の代表的な物は動悸や頭痛で、バイアグラ以外の他のED治療薬においても症状が確認されております。
バイアグラに副作用がある原因として、ED治療薬には体の血流を促す効果があり、全身の血流が良くなり血圧の上昇や血管の膨張等から頭痛を発症すると言われております。しかし、この効果はED治療薬には欠かせない物になっております。
男性器の膨張は血管の膨張によって起こる為、普段薬に頼らない時に比べ強制的に血流を良くし、血管の膨張を助ける働きをする為、勃起力の向上や、普段立たない人でもしっかりと効果を実感する事が可能です。

バイアグラは非常に強い薬です。通常1錠で良いところを、2錠や更に多い量を飲んだりしても、通常よりも多い効果が得られる訳ではなく、副作用を更に感じる事になります。
逆に少ない量で効果が得られる方もおり、ご自身の身長や体重等によって変動してくると思われます。
ピルカッター等で半分に割って2分の1錠で使用しても効果が得られ、ED治療薬としての効果は正常に得ることが出来るが、副作用の程度としては少なくなったり、人によっては副作用を感じない事もあります。
ですので、はじめてバイアグラを使用する方は少ない量からはじめていき、効果を感じなければ適量に近付けていくと良いです。

バイアグラを飲んだときの副作用の程度ですが、幸いな事に激しい頭痛に襲われ日常生活に支障を来すほどではありません。
ドラッグストア等で購入可能な鎮痛剤や、薬剤師の処方が必要ではありますが、ロキソニン等の頭痛薬を飲めば、30分程度で改善されますし、仮に飲まなかったとしても、そのままでも通常に生活する事は可能です。
しかしズキズキと頭の痛みが気になるようでしたらロキソニン等を飲んだ方が良いと言えるでしょう。

バイアグラとロキソニンの飲み合わせは大丈夫?

バイアグラとロキソニンの飲み合わせは問題ありません。バイアグラは通常空腹時に飲んで効果が得られると言われております。ですので、飲んでから副作用の頭痛が出てしまった場合、必然的に空腹時に鎮痛剤を飲むことになります。
もちろん空腹を満たしてから鎮痛剤を飲むのに越した事はないのですが、そうでない場合は胃を整える成分が入っていないと、頭痛は解消されたが気持ち悪くなったり、胃がムカムカしたりしてしまい本末転倒になってしまいます。

ロキソニンは鎮痛効果に加えて胃を整える成分も入っている為、安心して飲むことが出来ます。ロキソニン以外の市販の鎮痛剤を購入する時は、胃を整える成分が入っている事を確認して購入する事をおすすめします。
ロキソニン等の鎮痛剤を飲むタイミングですが、バイアグラを飲む時に一緒に飲んでも効果はありません。
稀に効果を得るのが遅く、頭痛を感じてから鎮痛効果を得られる事がありますが、基本的に予防効果はないので、同じタイミングで飲んで副作用を予防する事は出来ません。

鎮痛剤を飲むタイミングは、頭痛を感じ初めてすぐに飲むのが一番効果を得ることが出来ます。
頭痛の弱い時に飲むのが効果的ですが、頭痛が起きてから時間がたってしまい、強くなってから飲むと効いてくるまでに時間がかかる事があります。痛いと感じたら無理をせずに早めに飲んで対処する事が大事です。
しかし鎮痛剤を飲みすぎる事で体に抗体が出来てしまい、飲んでも効かなくなってしまう事があります。
そういった事にならない為にも、成分の違う鎮痛剤を飲んだり、副作用の頭痛は寝たりして時間がたてばなおるのであまり痛くない時は飲まずに対応する事も必要になってきます。