シルデナフィル配合の薬は通販がお得

通販でED治療薬を購入する男性

バイアグラのようなシルデナフィル配合のED治療薬は、処方箋医薬品に指定されています。
そのため医師による処方箋がないと、国内の薬局では購入できません。
しかし処方箋を受け付けている薬局に行っても、シルデナフィル製剤の在庫がないことがあるため、院内処方を行っている総合病院の方が確実です。
ED専門のクリニックもありますが、総合病院の中の泌尿器科や内科でも診察してもらえます。
問診や検査でEDと診断されれば、シルデナフィル製剤の処方を受けられます。
その他、病院によっては、男性更年期外来という診療科で診察してもらうことも可能です。
診察時には過去にシルデナフィル製剤で過敏症状が出たことがないか、肝機能に関する疾患がないか、などを調べます。
また心筋梗塞や、夜盲症の既往歴の有無なども聞かれます。
尚、狭心症の薬とシルデナフィル製剤は併用できません。

その他、著しい低血圧や高血圧の場合は、シルデナフィル製剤の処方が受けられない場合もあります。
これらの問診の後で医師が問題ないと判断すれば、ED治療薬を処方してもらえます。
しかし多忙なために病院に行く時間がなかったり、クリニックが混んでいて予約を取りにくい場合もあります。
その点、個人輸入代行業者を利用すれば、医師の処方箋がなくても購入できます。
普通の通販サイトから購入する時のように、24時間いつでも申し込むことができるため便利です。

また日本の病院で受け取るバイアグラは、1錠あたり25mgのタイプと50mgの2種類しかありませんが、海外製なら100mg錠もあります。
ただし代行サイトを通さずに個人で海外から購入する場合は、製造元であるファイザー社に問い合わせたり、小売店と交渉したりしなくてはなりません。
これらは全て英語で行うため、かなりの英語力を必要とします。
しかし代行サイトを経由すれば、全ての手続きが簡単に行えます。
申し込みページにある所定のフォームに、氏名や住所、メールアドレスなどの必要事項を入力するだけです。
支払いは国内の銀行に振り込むか、クレジットカード決済が利用できます。

バイアグラの本物と偽物を見分ける方法

バイアグラを通販で購入する場合に、注意したいのが本物と偽物の区別です。
平均的な価格帯と比較して、あまりにも安い通販サイトは注意が必要です。
相場としては、ファイザー社の正規品で、1箱に100mg錠が4錠入っているタイプであれば7,000円前後です。
そして正規品には、phizerというファイザー社のロゴが入っています。微妙にスペルを変えてある場合は、偽物と判断できます。
また純正品の錠剤は、触ると表面が滑らかです。
表面にざらつきがある場合は、偽物の可能性があります。さらに錠剤を水に溶かしてみると、正規品ではまずブルーのコーティング部分が溶け、30分前後で中身の成分も溶け出します。
しかし30分以上経っても溶けなかったり、中身が全て溶けずに小さな塊が残ったりした場合は、偽物と考えられます。
コーティングそのものが溶けない場合は、純正品ではありません。

その他、通販で購入したものが正規品のバイアグラであれば、コーティングの中身は白です。
しかし中国内陸部発送のバイアグラに、白ではなく黄色みを帯びた錠剤が流通しており、この場合は正規品ではありません。
尚、現在、アメリカやフランスをはじめ、シンガポールや香港など世界各国でバイアグラやそのジェネリック医薬品が製造、販売されています。
しかし製造国が不明な場合は、偽物である可能性が大きくなります。
しっかりした個人輸入代行サイトであれば、製造国が不明のバイアグラは取り扱っていません。
そしてバイアグラを通販で安心して購入するには、利用する個人輸入代行サイトのページに、サポートセンターの電話番号がある方が良いです。
その際、日本語で対話可能であることが望ましいです。