カマグラゴールド服用後の効果が発揮されるのはいつ?

カマグラゴールドの効果は、服用後1時間後に現れるというデータがあります。
しかし、この効果については体質や様々な要因が関係している事もあり、個人差が生じています。
多くの場合、服用を考えている人にとってのカマグラゴールド使用理由は、中折れを防ぎ、持続的にセックスできる事となっていて、性交時にパートナーから、現在よりもっと性器の硬さを求められている人や、高齢化で自信喪失している人などからも、購入動機として口コミで記載されています。
このように、その効果の現れ方や、使う理由、経験談について、使ってどれくらい後に効果がでているのか、口コミを参考にするとわかりやすく、自分がどのように使いたいのか、照らし合わせてみると判断しやすくなります。

ところで、カマグラゴールドはED治療薬として最初に発売されたバイアグラとの違いはあるのでしょうか。
カマグラゴールドは、後発薬のジェネリック医薬品という事で、本家とされているバイアグラが新薬として医薬品の開発費を含んだ価格で取引されるいっぽう、開発費が不用な為、価格が安くなっています。
そして、効果の元となるシルデナフィルの成分量など、ほとんど違いがありません。

そして、カマグラゴールドの持続効果は、バイアグラ同様なのですが、性器の海綿体平滑筋への緊張をゆるめる事で硬さを持続する事ができ、薬の効果は4、5時間となっています。
その時間を逆算して性行為を楽しむ事で、効果的に使う事ができるのが特徴です。
薬の効き方については個人差があり、使用量についても注意するべきで、口コミでは、初めて使う人ほど少量から購入する事がわかりますが、販売されているのは、50mgと100mg入りとなっています。
効き目を試す場合、ピルカッターなどで半分にカットして使う方法も行われているようです。
服用について注意点としては、持病の種類によっては服用が出来ない事もあり、他の医薬品やサプリメントとの併用などは医師の指示に従って行う事が大切となっています。

飲むのは食前?食後?

効果がどのように現れるのかは、個人差がありますが、服用についての注意点がいくつかあります。
効果の主要成分であるシルデナフィルは、体内の特定の酵素成分のはたらきを抑制する事で、性器が硬くなる事を助けます。
この効果のはたらき方については、服用時の体調にもより変化するものですが、多くの場合、シルデナフィルの作用の邪魔になる物はなるべく抑えた状態で服用すると、効果が現れやすくなるようです。
シルデナフィルの作用はどのような時に発生しているかといえば、消化酵素のはたらきに作用する薬品の為、消化器官へ負担が生じる食べ物や酒類と同時に服用しないほうが理想的という服用経験者の意見が多くなっていますが、個人差がある事を理解しておく事が重要です。

また、消化器官への働きかけを行う医薬品なので、胃腸に負担がかかる事も多くの利用者の口コミでは見る事ができます。
様々な使用量や利用シーンがありますが、単純に食前、食後という考え方では判断がしづらいのも現状で、食べずに服用して不快なままにするよりは、量を減らす事で効果を出せる可能性がありますから、少量を食べた食後1時間くらい後を目標にするなどの方法も試してみると、体質に合った使い方が理解しやすくなる可能性があります。
シルデナフィルの特徴をあらかじめ理解したうえで、自分に合った量を使うのが最適です。
口コミをいくつか確認してみると、食後に服用すれば胃腸の不快感が軽減できるようですが、個人差がありますので、医師に相談して服用するのが確実です。
また、血流を増加させる事で効果が現れる事から、副作用として頭痛、目まい、顔の赤らみ、ほてり、胃痛などがありますので注意が必要です。